それぞれの仕事内容

バイトnavi

携帯販売の仕事内容

仕事

家電量販店で行う主な業務

主な仕事内容は、新規契約や機種変更などの業務、他は電気関連やインターネットの契約とその案内をするというものです。接客及び、携帯販売に必要な情報を説明したりと大事な業務がいくつもあります。料金設定の細かい内容は研修で叩き込んでいくので業務に差し支えはありません。携帯販売以外の仕事では身の回りの整理整頓と在庫管理、キャンペーンに沿った装飾もバイトが行います。

ショップはやることがいっぱい

家電量販店よりも業務内容が多くなるショップのバイトは、契約業務全般と電気やネット契約はもちろん、料金プランの変更や携帯電話の解約と数多くの業務をそつなくこなす必要があります。住所変更や修理の受付、機種の使い方もバイトが行うので各種機能は頭の中に取り入れておかないといけません。

併売店での勤務

ショップや家電量販店とほぼ同じ内容の仕事をしますが、キャンペーンスタッフだと機種やその他のサービスを宣伝するマイクパフォーマンスの仕事、サンプリングや接客を行っていきます。女性の場合はお客さんを呼び込むのがメインで、男性は接客や携帯電話の案内を中心に行います。

各種販売店との違い

どの携帯販売のバイトも似たり寄ったりですが、ざっくりまとめると契約が主体となる場合のほか、修理や利用料金の支払いを受け持つのがショップです。基本的に家電量販店では、修理依頼や料金の支払いができないので楽な方だと言われています。

販売のバイトが向いている人

社交的な人は向いている

毎日違うお客さんと接点を持つので、話ができないと仕事として成立しません。また、プランに関する要望や各お客さんにおすすめする機種のタイプ、適切な料金プランの提案は聞き出すことが重要になります。

携帯電話自体が好き

落ち着いたと思ったらすぐに新しいキャンペーンや機種がやってくるので覚えることが本当に多いです。仕事として割り切れば問題ないですが、そこまで携帯が好きじゃない人だと苦痛に感じるでしょう。元々機械をいじるのが好きな人は、色々な事に興味を示すのでそこに楽しみを見つけ、携帯販売のバイトに落ち着くことが多いです。

常に向上心がある人

携帯電話に詳しくなくても、仕事を覚えようとする姿勢があれば十分活躍できます。特に携帯販売のバイトをする人たちはバイタリティが高いので、働いているうちに自分にとってもいい刺激を与えることができます。

ストレス発散が上手な人

接客中に嫌なお客さんに出会う場合があるため、その時はストレスが半端ないですが人との関わり合いが重要になる販売系の仕事だとそれが普通になります。ですから、仕事とプライベートを分けられる人や仕事の鬱憤を上手に発散できる人だと向いているでしょう。

がっつり稼ぎたい人に最適な環境

仕事を覚えることが多い分、時給が高く設定されているのも携帯販売のバイトの特徴です。頑張ればその分収入で返ってくるため、つらい仕事だけど頑張れる人が非常に多いです。しっかり稼ぎたい人にも最適な場所でしょう。

広告募集中